診療カレンダー
おおが歯科ブログ

小児歯科-こどもの歯を守りたい保護者の方へ-

小児歯科
-こどもの歯を守りたい保護者の方へ-

タイトル背景画像

こどもの歯を守りたい保護者の方へ

(おおが歯科クリニック小児歯科外来のご案内)

笑っている赤ちゃんの画像

当院は、1歳から多くの子供の治療と予防処置を行っておりますが、小さなお子様が上手に治療ができるには、いくつか決まり事をつくらないといけません。
そこで、当院でお子様の治療をご希望の方は、以下のことをご理解の上、来院してください。

1.初めて当院で治療になる場合は、お口の中の状態をしっかり調べさせてもらいますので、いきなり治療にはなりません。
もちろん応急的な処置ができそうであれば、行います。

2.治療に関しては、本人が自ら進んで治療ができるまで治療のトレーニングをします。泣かせてまで無理やりの治療はしません。
また、一度に多くの歯の治療はできませんので、早く終わりたい、一度にたくさんの歯を治療してほしい、無理やりでもいいから治療を済ませてほしいというお考えの保護者の方は、他の歯科をあたってください。

3.あまりにむし歯が多い子供さんや、すぐむし歯になる子供さんは食生活の状態や唾液検査の受診をお願いすることがあります。

4.治療がすべて終わってからは3~4ヶ月ごとの定期検診をすることをお願いしております。ご協力お願いします。

5.お子様が院内で暴れた、泣いた、また治療ができなかったからといって、子供さんをしからないでください。少しでもできたら褒めてください。

6.お子様に、当院が悪いイメージを抱かせないような配慮をお願いします。家庭でお子様を注意するときに、「そんなことしたら、歯医者で歯を抜かれるよ」「大賀先生から注射ばしてもらうけんね」などといったことは決して言わないでください。当院、私を怖がりますから・・・・

7.治療ができるお子様で、麻酔が治療上必要なことがあります。

シャボン玉で遊んでいる少年少女の画像

市町村の3歳児検診が終わってからは、お子様のかかりつけの歯科を決めて定期的に受診するお子様は、むし歯が少ないことが分かっています。

当院は小さい子供の治療ができることを売りにしている歯医者ではありません。
むし歯のないこどもが、継続して通院してくれている歯医者です。
現在は、たくさんのむし歯なしのこどもが通っています。
ですから、できるだけ小さいうちから受診してもらえることを願っています。

母親が赤ちゃんを抱っこしているイラスト

また、そのほうがお子様も歯医者に慣れて、これからの歯科検診が順調に進みます。
3歳児検診が終わったら、是非当院へお越しください。
もちろん3歳以下の子供さんでも、小さなころから健診をご希望の方も大歓迎です。
お待ちしております。
お口の中のむし歯や歯周病は、家族内で感染しますので、お子様の兄弟姉妹そして、お父さん、お母さんも是非歯科で検診を受けてください。その方が家族みんなハッピーになれますよ。

おおが歯科クリニックの小児歯科の特徴

  • むし歯ができないようにむし歯予防を徹底サポートします。
    初期むし歯は削らす、再石灰化するよう治療やご自宅での予防法を提案させていただきます。
  • 乳歯だからといって適当な治療はしません。しっかり処置をします。
  • 本人に治療内容について理解してもらい、自分からすすんで治療を受けられるようお手伝いします。無理やりに治療はしません。
  • 無理なく続けられる予防法を提案しサポートします。
  • 保護者のお子様の口腔内についての悩みについて、きちんとお答えします。
保護者の方へ~院長からのメッセージ~

私は、子供が自分の力で治療を乗り越えることができるよう配慮した治療を考えています。だからすぐに治療に入りません。
私は、最初から大人の都合で強引に子供治療をしていくことは、子供にとってよくないと思っています。

時間はかかっても自分の力で治療できたという、成功体験をもってほしい、自信をもって欲しいと願っているからです。
小さな子供たちが、自分の力で治療を乗り越えるには、治療前トレーニングが絶対必要になるので、すぐには治療に入れないわけです。

無理に泣きながら治療した場合、こどもに残る感情は「無理やり苦痛を与えられた、歯医者は怖い所」です。結果、多くのこどもが、次回の治療から来院を嫌がるようになり、当然の結果として予防のために歯科医院に行くという感情は生まれません。大人の方からもこどもの頃の歯科でのトラウマの話はよく聞きます。

治療風景写真・イラスト

よって将来にわたり続いていく予防のためにも、押さえつけての無理な治療は、ひどい痛みがあるときや外傷などの時以外はしません。
無理に治療しないといっても、むし歯の進行止めのお薬を塗ったり、仮のつめ物をするなど、その子供のレベルにあった対応をしていきます。
治療に向けてのトレーニングをすることと、虫歯の進行を止めることを組み合わせて、治療ができるようになったら、きっちりと治療する。
これが当院の治療方針です。

すべて治療が終わったら、それで終わりではありません。
子供の歯をいかに守っていくか、この予防法が実践されないと、虫歯を発生させる環境は変わっていないので、近い将来また虫歯になります。

治療風景写真2

お口の中の予防についてはインターネットや雑誌でも情報を得られますが、それが自分も子供にとってあてはまるかは別です。子供のお口の予防は、かかりつけの歯科医にまかせるべきです。

治療風景写真3

保護者の方が、忙しい毎日の中で、全部自分が背負っていたらうまくいきません。
子供のお口の中の問題は、むし歯だけではありません。歯周病、永久歯との生え変わりと歯並びの状態を心配される保護者の方も多くいらっしゃいます(詳細は当院ホームページの「院長の早期矯正治療への思い」を参照)。

当院は、子供にとって、その家庭で継続できる効果的な予防法を、リスク診断に基づいてご提案、指導させていだだくことをモットーとしておりますので、当院にお子様を任せたいとお思いの保護者の方はご連絡下さい。

このページの一番上に戻る

診療時間

診療時間表

○ 最終受付は、終了時間30分前まで(但し、治療内容によって異なります)

○ 毎月第一水曜の午後は矯正日(15:00~18:40)、それに伴い第一木曜午後は休診となります。

当院は完全予約制です。急患は随時受け付けておりますが、予約の患者様の治療を優先いたしますので少しお待ちいただきます。

キャンセルはなるべく前日までにお願いします。

アクセスマップ

駐車場(8台)完備
長崎バス「火篭(ひごもり)」バス停から徒歩2分

フリーダイヤルロゴ

0120-6480-19

【院長 歯科医師】大賀 弘毅

電話:095-881-0001
FAX:095-881-0002

診療科目

  • 歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 矯正歯科